そばかすはどうしてできる?

そばかすを上手にケアするには?

人によっては、「そばかすが可愛い」と考える人もいますよね。確かに、小さな子のそばかす顔は可愛らしいものです。そばかすがチャームポイントになるタイプの人もいます。でも、大人になってからもずっとそばかすに悩まされ続ける人は、そばかすは鬱陶しい存在で、自分の顔を鏡で見るのが嫌になってしまったり、そばかすがコンプレックスになってしまう人もいます。

 

そもそもそばかすって、何なんでしょう?どうしてできるのでしょうか?まずはそばかすができる原因について正しく理解をして、そばかす対策をしたい人は正しいケア方法で対処する必要があります。

そばかすはどうしてできる?

正しいそばかすケアをするために、そばかすができる原因を知っておくことが大切です。そばかすには2種類あるって、ご存知でしたか?幼少の頃からできるそばかすと、大人になってできるそばかすの2つには違いがあります。

 

◇幼少期のそばかす◇
ほとんどの場合、親からの遺伝でできるそばかすです。人種としては白人の人たちや、アジア人では色白体質の人がそばかす体質を持っています。こういうそばかす体質でそばかすができる人の中には、大人になるにつれそばかすが薄くなる・そばかすが消えるという人もいるようです。

 

◇大人のそばかす◇
子供の頃はそばかすなんてなかったのに、大人になってからそばかすができるようになったという人の場合、1つ目の原因には「日焼け」が考えられます。紫外線を多く浴びることによって、肌を守ろうと生成されるメラニン色素が色素沈着を起こしそばかすになります。

 

通常、メラニン色素は肌の代謝とともに排出されます。ただし、何らかの原因(乾燥、加齢など)により肌のターンオーバーが乱れていると、この肌の代謝(生まれ変わり)がうまく機能していないのでメラニン色素が排出されず肌に蓄積されてしまいます。この蓄積されたメラニン色素が「そばかす」として肌に残ってしまうのです。

 

もう1つ考えられる大人そばかすの原因は、「食生活」です。外食やコンビニ食が多い人は、ただでさえ肌に良いミネラルやビタミンが不足しがちです。さらに揚げ物を食べる機会が増え、時間が経った揚げ物(油が酸化している揚げ物)を多く食べていると、シミやそばかすに影響します。
さらにもう1つ考えられる原因は、「間違ったスキンケア」です。メイク落としや化粧水のスキンケアを行うときに、コットンを使う人がいますが、質の悪いコットンは肌と摩擦を起こしやすく肌への刺激となってしまいます。また、上質のコットンを使っていたとしても、ゴシゴシこすってしまうと摩擦を起こし、肌に刺激を与えメラニン色素を発生させてしまいます。

 

 

トップページへ