ハイドロキノン,特徴

ハイドロキノンの特徴を紹介します。

美白効果があるとして注目されているハイドロキノンにはどのような特徴があるのでしょうか。
調べていきました。

 

ハイドロキノン,特徴

 

ハイドロキノンの美白効果

 

ハイドロキノンには、シミやそばかすの主な原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあり、
メラニンを生成するメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの数を減少させて、色素沈着してできた
シミやそばかすを薄くする効果があります。
さらに、シミを予防する効果もあり、その高い美白効果から「肌の漂白剤」とも言われています。

 

ハイドロキノンの美白効果は、ビタミンC誘導体に比べると100倍近くとなっています。
高いブリーチ力を保ちつつ、お肌に適用できるように安全性を確保することが課題でしたが
ハイドロキノンの配合比率を抑えることにより、解決して、全世界で美白成分として用いられるようになりました。

 

日本ではこれまでは、ハイドロキノンは処方箋の必要な医薬品として取り扱われてきた成分ですが
2001年の規制緩和に伴い、市販の化粧品にも使用されるようになりました。
ただ、ハイドロキノンが5%以上含まれる場合には、医師の指示元に使用することが推奨されています。
ハイドロキノンが配合されている化粧品は、配合濃度が低いものや、配合濃度が高くても非常に高いものも多いので、ハイドロキノンを効果的に実感したい場合には、医薬品のハイドロキノン配合クリームを利用するといいです。

 

ハイドロキノン,特徴

 

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノンは高い漂白力を持つので、使用する量によっては副作用が出る場合もあります。
一般的に日本人が使用する場合にはハイドロキノンの配合濃度を5%までに抑えることでほとんどの場合は副作用は現れません。
初めてハイドロキノンを使用する場合には配合濃度が2~4%のまで抑えられているものをしようするようにしましょう。ハイドロキノン配合剤は保険の適用外となるので、ほかのスキンケア製品よりも値段が高くなります。美容専門の皮膚科やクリニックでも扱っていますが、価格は割高になります。

 

 

 

 

まとめ

ハイドロキノンの特徴について調べていきました。ビタミンC誘導体の100倍の美白効果をもつハイドロキノンですがその配合濃度などによっては、肌に刺激を感じたり赤くなったりと副作用を感じることも多いということでした。
規制緩和により日本でも市販されるようになりましたが、価格は高価である印象です。
アメリカなどでは美白成分としてよく用いられている成分となっています。

 

ハイドロキノン,特徴

 

トップページへ