シミそばかすができやすいNG習慣

シミそばかすができやすいNG習慣を紹介します。

シミ・そばかすは気になるものですが、ひどくなることもあります。
そんなNG習慣について調べていきました。

 

シミそばかすができやすいNG習慣

 

 

紫外線は大敵!

 

紫外線がしみやそばかすが濃くなる原因であることはご存知かと思いますが、紫外線が多い時間帯に外出したり、
日差しがあまりないからといって、日焼け止めを塗らずに、日傘や帽子も持たずに外出することがあると、肌は無防備な状態で紫外線にさらされますので、シミやそばかすがどんどんできていったり、濃くなっていく原因になります。
日差しの強い夏場や昼間はもちろんですが、冬の時期などもPAの大きい日焼け止めをぬるなどして紫外線から肌を守る工夫をしていってください。

 

一般的に、午前11時から午後2時までは、紫外線がもっとも強い時間帯です。外出される場合には、この時間帯は避けるか、外出しなければならない場合には、日焼け止めに日傘や帽子でしっかり紫外線をカットしましょう。

 

シミそばかすができやすいNG習慣

 

 

睡眠不足が原因のことも・・・。

 

睡眠不足が原因でシミやそばかすが濃くなる場合もあります。これは、睡眠不足によって、肌の新陳代謝が遅くなり、メラニンが肌に蓄積されていしまうために起こります。
また、睡眠は睡眠時間の長さだけでなく、睡眠の質も大切です。
ゴールデンタイムと言われている、午後10時〜午前2時までの間に深い睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝も活発化するので、健康で美しい肌へと導かれていきます。
就寝時間が遅いという人は、ゴールデンタイムには睡眠をとれるように、午後9時くらいには布団に入って眠る準備ができるといいですね。

 

 

シミそばかすができやすいNG習慣

 

 

ストレスが多いとしみやそばかすが濃くなる?

 

ストレスがかかると自律神経が乱れて、交感神経が優位になります。
交感神経は活性酸素を発生させる働きがあり、血液を酸化させます。酸化したドロドロの血液は体の血液循環を悪くさせて、新陳代謝も悪化することになります。

 

新陳代謝によって肌は再生しますので、日焼けをした場合でも元の肌色に戻るのですが、新陳代謝が悪い状態では、本来ならターンオーバーではがれていくメラニン色素が落ちずに肌にとどまることになります。
これがしみとなります。しみをひどくさせないためにはストレスをかけないように気を付けて、肌の新陳代謝を促すことも大切になってきます。

 

 

シミそばかすができやすいNG習慣のまとめ

 

しみやそばかすができやすくなるNG習慣を調べていきました。
紫外線・寝不足・ストレスがしみやそばかすには大敵ということです。
紫外線対策をきちんとして外出し、夜は9時には布団に入り、適度に運動したりリラックスしたりしてストレスをためないようにすることで、肌の状態も改善していくのですね。

 

シミそばかすができやすいNG習慣

 

トップページへ