そばかす,遺伝,治る

そばかすは遺伝?遺伝でも治る?

シミは後天的なもので、紫外線などが原因でできることが多いのですが、そばかすというのは遺伝が主な
原因になってきます。遺伝であってもそばかすは治るのでしょうか?調べていきました。

 

そばかす,遺伝,治る

 

そばかす発生のメカニズム

 

そばかすの発生原因は、肌質などの遺伝的要素にあります。そばかすができやすい人は、紫外線などの刺激を受けやすく、メラニンの生成が活発化しやすい肌質である人が多い様子です。
その結果、肌のターンオーバーが間に合わずに、肌表面にメラニンが蓄積されることになり、そばかすとなります。親がそばかすの多い肌質である場合には、同じ肌質である場合が多く、そばかすは幼少期からできやすいものとなっています。

 

そばかすは直径1~4mmほどの薄茶色した点状の色素斑です。鼻を中心に頬骨あたりにちらばるようにできます。
顔以外にも、手や背中、肩、デコルテに出てくることがあります。

 

遺伝要素の強いそばかすは、年齢とともに消えていく傾向にありますが、紫外線を浴びたりと肌に刺激を与えづけていくと、濃くなっていき、成人になっても消えることなく残ることもあります。
そばかすが気になる方は紫外線対策もきちんと行うといいですね。

 

そばかす,遺伝,治る

 

そばかすは遺伝によるもの?濃くしないためには?

 

そばかすは遺伝によるものが大きいので、幼少期であっても鼻のまわりや頬にかけてそばかすができることが多いです。
しかし、そばかすは年齢とともに薄くなっていくことが多いので、日ごろのケアをしっかり行うことで目立たなくすることは可能です。紫外線対策をしっかり行うことや、ビタミンCを積極的にとるような食生活をすることで、そばかすもだんだん薄くなっていくと考えられます。

 

また、美白効果のある化粧品を使うことも効果が期待できます。遺伝によるものが多いそばかすであっても、シミと同様なケアを行うことで、だんだん目立たなくすることは可能です。

 

そばかす,遺伝,治る

 

そばかすは遺伝のまとめ

 

そばかすについて調べていきました。シミなどと違ってそばかすは幼少期にできている人も多いです。
紫外線に当てると濃くなる性質がありますので、紫外線対策には十分に気を付けて、あとはシミと同様にビタミンCを多くとったり、美白化粧水を使用することで、だんだんと薄く目立たなくすることは可能です。

 

紫外線などの刺激に弱い肌質であったりすると、そばかすができやすいのですね。
自分のおばあさんやおかあさんの身内にそばかすが多い人がいる場合には、自分にもその肌質が遺伝していますので紫外線対策などには十分注意されてください。

 

そばかす,遺伝,治る
トップページへ