シミ,そばかす,原因

シミ・そばかすができる原因はズバリこれ!

 

シミ・そばかすができる原因とはいったいなんなのでしょうか?
そのメカニズムについて調べていきました。

 

 

シミ・そばかすができる原因ズバリはこれ!

 

 

シミできる原因は?

 

シミは、ニキビ跡などの炎症や紫外線によるダメージ、加齢といった後天的なものが原因です。
紫外線などに長く当たると、皮膚の中でメラニンという物質が生成され、肌に蓄積していきます。

 

日焼けなどだと時間が経つことで、肌がターンオーバーして古い角質は減っていきますので、
徐々に普通の肌の色に戻っていきますが、長年にわたって紫外線を浴び続けることで、
ケラチノサイトに異常が起きると、色素細胞にメラニン色素を作りなさいという指令が出されて
メラニンが過剰に継続して生成される状態になります。

 

すると、メラニンは皮膚とともに落ちなくなり蓄積されていきます。
この蓄積した濃い色が肌に固定されてシミとなっていきます。

 

シミには、加齢が原因となる「老人性色素斑」、ニキビ跡の皮膚の炎症が原因で起こる「炎症後色素沈着」
ホルモンバランスの乱れによって発生する「肝斑(かんぱん)」などがいわゆるシミと言われています。

 

 

シミ・そばかすができる原因ズバリはこれ!

 

 

そばかすができる理由

 

シミとそばかすの大きな違いは、そばかすの多くは遺伝性のものであるということです。
そばかすは正式には雀卵斑(じゃくらんはん)という名前です。
斑点の大きさはシミよりも小さく、鼻の周りや頬に出やすいという特徴を持ちます。
顔以外の部分にも、できますが、シミとは反対に加齢とともに薄くなることもあります。
しかし、紫外線を浴びることで、濃くなるという性質を持ちます。
シミもそばかすも先天的なものか、後天的なものかという違いやその発生のメカニズムは少し異なっていますがどちらもメラニンの形成と蓄積によりできるものであり、紫外線の影響を受けて肌の色が濃くなっていきます。

 

 

シミ・そばかすができる原因ズバリはこれ!

 

シミ・そばかすができる原因まとめ

 

シミとそばかすのできる原因について調べていきました。シミもそばかすもメラニンという色素の過剰生成により、色素が肌に沈着することで、できる黒いぶつぶつであるのですね。紫外線などの刺激によって、メラニンを作れという命令が体の中で起こり、過剰にメラニンが生成されることがシミやそばかすが増える原因の様子です。
しみやそばかすを減らすには、肌のターンオーバーを促進して、肌の生まれ変わりを促す必要があります。
その際には紫外線には気を付けて、日焼け止め対策はきちんと行っている必要があります。
専用の機械で調べると、シミの素になるものもたくさん肌にはあることもわかりますので、これ以上ひどくならないようにUV対策はきちんと行うことが大切です。

 

 

シミ・そばかすができる原因ズバリはこれ!

 

トップページへ